叙勲祝いに胡蝶蘭

1875年に叙勲制度が開始されて以来、色々な変化をしながら現在まで続いている、功績を称えて頂く受章です。
受章された方はとても名誉な事ですし、周囲の方も、お祝いの品を送る事も多いでしょうね。
お祝いを贈る場合は一週間から10日以内が良いとされています。
一番おすすめの贈り物とされているのが、生花の胡蝶蘭ですね。胡蝶蘭でもアレンジや切り花、鉢植えなどがありますが、長持ちするのは鉢植えなので、贈り物には最適です。花の色は白が人気があります。
お値段は、1万円から3万円が一般的ですが、叙勲をされたランクに合わせて、胡蝶蘭のランクも選んで贈る方もいます。
直接ご自宅にお伺いする場合、会社や事務所にお届けする場合などがありますが、出来れば直接お伺いする事をおすすめします。
その時に、お祝いのメッセージも添えるとより素敵ですね。叙勲されたお祝いの言葉を書いて、心のこもったメッセージをプラスすると、より叙勲された方も喜ばれることでしょう。立て札やメッセージカードでも大丈夫です。
胡蝶蘭を扱っているお花屋さんですが、花キューピットや、インターネットでも注文する事が出来ます。近くのお花屋さんに相談してもるのも良いでしょう。
私の父が叙勲した時も、素敵な胡蝶蘭を自宅まで届けて下さる方がいました。
あんな立派な胡蝶蘭を頂く事など、なかなかないので、父も母も大変喜んでいました。
鉢植えと一緒に胡蝶蘭の育て方のカードも入っていました。管理が難しい様ですが、カードを見ながら、今でも大切に育てています。
今までの功績が認められた名誉あるすばらしい受章ですので、贈る方も、受章された方も、一生の思い出となる贈り物やお祝いの言葉を残せると素敵ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加