お店の開店祝いに贈った胡蝶蘭

先日、知人の美容室がオープンするという事で、
開店祝いに胡蝶蘭を贈ることにしました。
最初から植物を贈ることは決めていましたが、観葉植物ではちょっと物足りないかと思い、胡蝶蘭に決めました。
大体2万円くらいの物で、色はピンクを選びました。
男性がオーナーさんなので、色は迷ったのですが客層の年齢が高い地域だったので、お客さんも喜んでくれるのではないかと思ったのが決め手でした。

3fw

胡蝶蘭は高級感もあって華やかで開店祝いにはぴったりだと思います。
オーナーさんもとても喜んでくれ、さっそくインターネットで育て方の勉強をしたと言っていました。

そして、付け足すと胡蝶蘭には「幸せがやってくる」という花言葉があるそうです。
これから新たな人生を歩むオーナーさんと、綺麗になったお客さん、どちらにもよく似あう言葉だと考えました。

贈り物をする時には、相手が喜んでくれるのかはもちろんですが、贈るものに対して悩んだり、相手の事を考えたりする時間もプレゼントには大事な事だと思います。

5f-p

後日、私もお店に伺い綺麗にしてもらいましたが、お店に入ってすぐ色んなお花やプレゼント、観葉植物に風船のようなデコレーションしたプレゼントなどが所狭しと飾られていました。
そんな中、私が贈ったピンクの胡蝶蘭は素敵なアンティークの椅子の上に飾られていました。
とっても素敵~!自分が贈ったものだけれど、この中で一番素敵に見えましたし、高級感や品もあり一番輝いているように見えました。

私が使った胡蝶蘭の通販サイトはこちら

オーナーがお客さんの反応も一番良かった。と言ってくれました。
胡蝶蘭の存在感自体に感謝しつつ、この贈り物を選んで本当に良かったなと思いました。

次は自分にも贈られてこないかな~笑
そんな贈り物をしてもらえる素敵な女性になりたいなと思いました。

スナックで胡蝶蘭が喜ばれる理由

お客さん商売をする人にとっては、縁起物を大事にすることは、当然のことです。
特に新装オープンや新規開店する場合には、これからの商売繁盛を祈るものです。
そう意味で、開店記念でのお祝い物も内容によって、大きく変わってきます。
スナックなどのお店で開店した時には、よくお花が贈られます。
その中でも、胡蝶蘭がとても喜ばれるのです。
それは、胡蝶蘭の花言葉にあるのですが、このお花はいくつもの花言葉があります。
それだけにお祝いとしてもらった時は、とてもうれしくなってきます。
胡蝶蘭の花言葉の中でも、一番大きな意味を持っているのが、「繁栄」ではないでしょうか。
お客さん商売をするお店では、ずっと栄えて行くことが一番です。
お店には常に多くのお客さんが訪れて、売上げが上り調子。
そして、利益も出てくると心もウキウキしてくるのも当然です。
そのためには、常にお客さんが来ることが必要です。
胡蝶蘭は、そのような状態になることも願って、「繁栄」という言葉が込められているのかもしれません。
2つ目の花言葉は、「安定」です。
このキーワードもお店を経営するオーナーさんにとっては、大事な条件です。
商売をしていると、多かれ少なかれ、山谷が訪れます。
願わくば、そんな不安定な状態にはなって欲しくないものです。
そのような意味からも、「安定」したお店経営ができるための花言葉としては、とても相応しいお花が胡蝶蘭なのです。
また、他の花言葉には、「上品」という意味も込められています。
お店の雰囲気が、お洒落で落ち着いた上品のある感じすれば、訪れるお客さんも何となく気持ちが落ち着いてきます。
スナックに勤めるホステスさんも、上品さが備わっていれば、これもまた、お客さんを呼び込むことになりますね。
新しいお客さんが訪れて、
「このお店は、何となく落ち着いてるなぁ。また、来よう。」
と感じてくれたなら、お店としてはこれ程ありがたいことはありません。
胡蝶蘭の「安定」には、こんな思いもあるのです。
また、胡蝶蘭の花びらは、白くとても純粋なイメージを受けることがあります。
この純白で清純な印象もお店の新鮮さ、美しさ、楽しささえも引き立ててくれるのかもしれません。
他にも胡蝶蘭のありがたい点は、長持ちすることです。
他のお花と比べて長持ちするために、飾っておくにも、大変、重宝するのです。
贈り物として多くの人に喜ばれる胡蝶蘭は、いくつもの花言葉があるために、縁起を担ぐスナックや他のお店でもとても人気があるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加